セックス

アナニーのやり過ぎは危険!?リスクと注意点を徹底解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アナニーとは前立腺を刺激するオナニーのことです。

気持ち良くてヤミツキになるという話。
しかしやりすぎると危険なことも。

何事も、いくら気持ち良くてもやりすぎはいけません。

ミク
ミク
アナニーのやり方、危険性やリスクについてご説明します!

アナニーとは?

アナニーとは?

そもそもアナニーとは何?という方もいるでしょう。

ノーマルなセックスばかりしてきた方には馴染み薄いかもしれません。

アナニーとは前立腺オナニーのこと。

前立腺は、お尻の穴の中にある男性独自の器官です。
つまり、前立腺の刺激は男性のみの快楽ということ。

前立腺は膀胱の下、直腸と恥骨の間にあります。
尿道と射精菅が前立腺の中で交わる場所です。

つまり、刺激すると大きな性感帯に!

アナニーは、お尻の穴に指や道具をいれて刺激するのが一般的です。
直腸の壁ごしに前立腺を刺激することで快感を得られるというわけです。

アナニー専用のアダルトグッズも多数あります。

大人のオモチャがそれだけ多くあるということはアナニーも一般的なものになったということ。

あなたのお友達も毎晩アナニーで気持ち良くなってるかもしれません!

アナルオナニーの魅力はたっぷり

アナルオナニーの魅力はたっぷり

アナニーは気持ちいいけど、やり過ぎ注意のオナニーです。

やり過ぎてしまうほど、ヤミツキになる魅力とはなんでしょう?

ミク
ミク
ついついアナニーにハマってしまう理由を紹介します。

射精の数倍の快感

アナニーによる前立腺刺激は、非常に強いものです。
射精の何倍もの快感を得られます。

もちろん個人差があり、人によっては全く感じない人もいます。
また、感じるまで時間がかかることも。

以前、経験者の男性にどんな感じ?と尋ねたら、

「最中は、もうどうなってもいい!このまま犯して!」

と言ってました(笑)

女性っぽい感覚が得られるようですね。

ミク
ミク
自分の体が自分で制御できなくなるような快感。
ドキドキですね

ドライオーガズム体験ができる

アナニーによって、吐精を伴わない絶頂を味わうことも出来ます。

これをドライオーガズムといいます。

ドライオーガズムの特徴は、何度も連続絶頂できること。
射精しないでいいので、それも納得です。

女性がイクときの快感を追体験できる

ドライオーガズムは、女性の絶頂と近いと言われています。

男性でありながら、女性のイク感覚を体験ができる…

なかなか魅力的だと思いませんか?
私はどちらかというと、射精の感覚を味わってみたいです。

男性と話すと、

「女性がイクときってどんな感じ?」

とよく聞かれますし。

ミク
ミク
女性の絶頂を体験してみたいなら、ドライオーガズムを体験するとよさそうです。

一体どこが危険?アナルオナニーのリスクを紹介

アナルオナニーのリスクを紹介

ここまでアナニーの魅力をお話してきました。

一度味わったら、病みつきになることがお分かりいただけたと思います。

しかし強い快楽にはリスクもつきもの。


こちらは、AV男優経験者がアナルセックスの危険について説明した動画です。
アナニーにも共通する注意点があります。

アナニーをやり過ぎたときの危険性について説明します。

肛門、直腸を傷つける恐れ

本来、肛門は入れる場所ではありません。
女性の膣のように、自然に濡れることもないです。

アナルグッズを使っても、危険が伴うことは否めません。
指や道具で、肛門や直腸を傷つける可能性もあります。

痔になったり、括約筋が裂けると最悪人工肛門になることもあります。

肛門が緩くなる

アナニーをやり過ぎると、肛門の筋肉が弱まります。

1度や2度で緩む、ことはありません。
長年、激しく酷使するのが良くないのは確か。

肛門括約筋は一度傷ついたり緩むと、元に戻らないと言います。

アナニーのやり過ぎで、うんこを漏らしてしまうなんて最悪です。
そうなると、パンパース生活です…

異物が肛門から取れなくなることも

肛門に挿入した異物が取れなくなり、病院に担ぎ込まれる人も。

アナル専用のグッズなら、事故が起きないよう製造されていますが…
取っ手のないものを差し込んで、取れないことによる事故が多いようです。

アナニーにハマると、より大きいものを挿入しなくなる欲望が出てきます。

ミク
ミク
欲望に限りがないことは、私もよく分かります(笑)

気持ち良すぎて、普通のセックスに戻れなくなる

アナニ―は非常に気持ちいいもの。

その刺激に慣れて、通常セックスでは物足りなくなることもあります。

もちろん「一生ソロプレイでかまわない!」という方はOK。

ミク
ミク
女性からすると、彼氏やセフレがアナニ―中毒になって、セックスしなくなったら辛いですね(笑)

勃起不全になる可能性

前立腺を刺激しすぎて、前立腺炎になることもあります。

前立腺炎は、勃起不全の原因の一つですね。
毎日激しいアナニ―していたら、発症することがあります。

ミク
ミク
アナニ―のやり過ぎは、健康を害してしまうことがあるので、ほどほどがいいですよ。

アナニ―の安全なやり方

アナニ―の安全なやり方

危険性を散々ご説明して脅してしまいましたが…

アナニ―は本来、新鮮な快楽を得られるオナニーです。
正しいアナニーを行えば、危険性は少なくなります!

楽しく安全にアナニーライフを送る方法をお教えします。

ローションをたっぷり使う

アナルを弄る際は、摩擦を少なくすることが一番です。
ローションはタップリ使いましょう。

アナル用ローションを使うと良いですよ。
普通のローションよりも、粘度が高くて抗菌作用があるので安心です。

大きなボトルタイプのものもありますし、多めに用意しておきます。

いきなりディルドを入れない

アナルグッズは数多くあります。
アマゾンで検索するだけでも、数え切れないほどです。

めくるめく快楽を思うと、最初から大きいディルドを入れたくなるかもしれません。

ですが、まずは初心者用の小さいディルドから始めてください。

女の子の処女オマンコを弄るのと同じ気持ちが大事!
とにかく痛くないように、優しく入れましょう。

しっかり拡張する

拡張は指でもエネマグラでも、好きな方で大丈夫です。

最初は痛くて、小指一本も入らないと思います。

私も同じでしたから(笑)
最初は力を抜いて、アナルを緩めることも難しいですね。

時間をかけて、焦らずに拡張させていきましょう。

強く刺激し過ぎない

快感を得るために、激しく刺激しがちなのが人間です。
しかし、強い摩擦が快楽とは限りませんよね。

前立腺の刺激は、ゆっくりとした挿入やピストンで十分です。

毎日、前立腺を弄るのは良くありません。
おちんちんを使ったオナニーであれば、問題ないですが…。

慢性前立腺炎にならないように注意しましょう。

アナニ―は週1回など、適度な回数を心掛けてくださいね。

アナル専用グッズを使う

アナニ―の際は、指かアナル用グッズを使用してください。
日用品を適当に挿入してはいけません。

よく聞くのが、「ぷっちょ」をアナルに入れると気持ちいいのでは?という話。

でっぱりなどで、アナルを傷つける可能性があります。
肛門や直腸を傷つける原因になるので、絶対にやめましょう。

アナル用グッズを使うときも、ローションをたっぷり塗って安全第一です。

まとめ

やりすぎ厳禁!
  • アナニ―は通常のオナニーと違い強い快感をもたらす
  • アナニ―のやり過ぎは肛門や直腸を傷つける可能性も
  • やり過ぎず、アナル専用グッズを使う

アナニ―は、オナニーの楽しみ方の一つとして捉えて下さい。

オナニーで身体を壊しては、元も子もありません。

危険性を理解しつつ、新鮮な快感を味わってくださいね!

ABOUT ME
ミク
出会いアプリを使って作ったセフレの数は100人以上。現在アダルトライターとして活動中。数多くの恋愛経験から学んだセックステクニック・モテノウハウ・セフレの作り方を伝授します!